家を高く売る方法ガイド

家を高く売る方法ガイド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土地や家屋が担保に入っている場合、売ることは可能かという質問はよくありますが、特に禁止された行為ではありませんから売買はできますし、所有権移転登記もできるはずです。
ただ、物件を担保にしてお金を借りた人がきちんと借金を完済してくれなければ、債権者が担保(当該不動産)の競売手続きを進めるため、いずれは他人の手に渡るばかりか、担保つき物件を買った人には一銭も入りません。

 

 

 

担保に入っている家や土地というのはそういった訳あり(難あり)な存在なので、実質上「売れない物件」となってしまうでしょう。最近、自宅を売る理由としてよく耳にするのが、都会型のマンションライフを希望する声です。

 

買い物は都会のほうが圧倒的に少ない労力でできますし、医療面もよく整備されている状況が魅力なようです。

 

 

郊外は広々とした雰囲気は素晴らしいものの、病院、市役所、ショッピングと用事があるたびに移動は自動車ですから、運転できないときはどうするのだろうと心配する人がいるのは当然かもしれません。あまりにも家の築年数が経っていると、古さがネックになるので壊して土地だけにした方が良いのではと相談されることがあります。
ですが、別に更地にする必要はないというのが現実です。

 

 

DIY可能な賃貸の人気が高いように、古い家でも元の住宅を土台にして自ら設計、施工を行いつつ住むというのは雑誌で特集が組まれるくらいですし、手頃な中古住宅を購入しリノベーション後に販売するという不動産会社は近年とくに増えていて、中古だからダメというわけではありません。

 

 

マイホームを売却する場合は通常、手始めに不動産会社に住宅の価額を査定してもらうのですが、築年数は査定額に大きく響きます。立地や希少性、人気などにより差は出るものの、建物価格は新築からすぐ2割ほど下がり、10年を超えれば一気に落ちていくという現実があります。
新築時は土地と建物の双方に価値があるのが一戸建てですが、建物が古くなればなるほど資産価値はゼロに近づき、土地代のみといった売値になってしまうことも実際にあるのです。住宅を売却する際は、売るための費用というのは思ったよりかかります。一般に不動産会社を通じて売却すれば、もれなく仲介手数料が必要になります。
2800万円で取引された物件の場合、100万近い額を売主から業者に支払わなくてはいけません。それと司法書士へ支払う登記費用等一式、印紙代などの実費も必要です。

 

つまり売値というものは諸経費等を勘案した上で決定するわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・イエウール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンション・家・土地などの大切な不動産を優良な不動産会社に一括査定できるサイト

 

 

 

 

 

簡単60 秒で不動産の無料一括査定が可能

 

 

 

 

 

全国1400 社以上の厳選された不動産会社の中から

 

 

 

 

 

最大6 社と比較できる査定サービス

 

 

 

 

 

 

 

 

イエウール 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://ieul.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

査定の手順

 

 

@査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力 (約1分)

 

 

A一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届き比較ができる

 

 

B査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・イエイ

 

 

 

 

 

 

 

日本最大級の不動産売却専門マッチングサイト

 

 

 

 

国内主要大手はもちろんのこと、地元密着の有力不動産会社など

 

 

 

 

厳選1000社から選んで査定価格の比較ができる

 

 

 

 

 

専門知識を持った専任スタッフが常駐・スムーズに不動産の売却ができるよう

 

 

 

 

 

中立的な立場から万全のサポート

 

 

 

 

 

 

 

イエイ 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

https://sell.yeay.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・マイスミEX

 

 

 

 

 

 

 

 

全国の不動産会社からそのエリアの売却査定に強い会社に最大6社まとめて査定依頼

 

 

 

 

不動産会社によって得意としている物件や、相場の見込みが違うため

 

 

 

 

査定額を比較すると、1,000万円以上も見積もり結果に差が出る場合もあり

 

 

 

 

不動産を高く売るための一括査定比較・査定依頼は簡単1分登録

 

 

 

 

 

 

 

 

マイスミEX 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://www.mysumi.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日、「売却したい」と思い立っても、すぐには不動産物件に買主は見つかりません。

 

 

だとすると、不動産売却にかかる期間は平均すると、何週間かかるのでしょう。

 

 

 

一般に、マンションの場合で、84日ぐらい、戸建ての時は6ヵ月くらいが平均だと言われます。

 

 

 

これはあくまで平均ですので、必ずしもこの期間で売れるとは限らないのです。売却の日程を組む際は、その辺も考慮するべきです。極力早くに不動産物件の売却先が見つかればそれに越したことはありませんが、そうだとしても、時期尚早に値下げをするミスを犯すと損失はかなりのものです。

 

 

 

たちどころに値下げされた売却物件の場合、底値はまだだなといった期待で買主が買い控えしてしまいます。
入ってくる問い合わせの数などから検討して、売り出してから動きがなく半年以上が経っているなら価格を下げることを考え始めましょう。不動産売却の進め方は、多くの場合、始めに不動産会社にコンタクトを取ります。続いて、どんな物件か品定めがされて、それによって査定額が決定し、どこの不動産会社と媒介契約を締結するか決定します。
不動産会社が販売活動を行い、買主が見つかったなら、必要に応じ価格交渉が行われてから売買契約となり、代金の決済完了後、抵当権抹消に必要な手続きをとり、退去して引き渡しとなります。売却物件の印象をアップするコツとしては、きれいで明るくて広いという感じに見えるようにしましょう。部屋の中のライトは全て点けて、整理整頓や断捨離をして、部屋の中が広く見えるように物を減らし、あまりやらないところまで丁寧に掃除しましょう。例えば、水回りの水滴が残らないように拭きあげることです。

 

こういうことを押さえておくだけで、印象というのは大きく異なるものです。来客者の目は厳しいものですから、売却物件のケアをしてください。

 

 

 

複数の人が名義を有していて単独所有ではない不動産の場合、販売するにあたっては、必ず名義を有している人全ての合意の上でこれを行わなくてはなりません。

 

 

 

その際には全ての共有名義者が署名をして実印を押さなくてはならないとされているので、他の共有名義者の許しを得ることなく名義人の一人が売りに出すことは認められていません。その人の持ち分に関しては売り渡すことも可能とされていますが、通常は名義人となっている人全員が共同して金銭譲渡することになるはずです。少しでも安く買いたいのが買う側の本音ですので、当初設定した売値で不動産物件が売却できるケースはとても珍しくて、資金が足りないから下げてくれないかと価格交渉される取引がほとんどでしょう。

 

 

価格交渉をしてきた場合には、買主がなんのために買おうとしているのかも駆け引きに役立ちます。自分で住むための物件だったら、よく考えた上で、買うといってきたはずなので、少しぐらいは強気の交渉でも、売却できるケースが多いです。基本的に不動産の売却を計画した場合は不動産業者に価格の査定をしてもらうのが第一歩になりますが、汚れがないキレイな状態にしてから査定してもらうといいでしょう。

 

 

 

中でもマンションは、汚れひとつない状態にしておけば評価に関わる印象も変わってきます。

 

あわせて、購入を希望する方が下見に来る場合にも忘れずに清掃することと、見せ方の面でも広く感じられるよういらない物は片付けておいた方がいいでしょう。不動産売却における一般媒介契約というのは、複数業者への仲介を依頼する契約をいいます。複数業者が取り扱うため、宣伝効果が高まることが期待できる上に、契約の種類が一般媒介契約だと不動産会社がよそよりも迅速に契約に至って仲介手数料を得ようとがんばり、すぐに購入希望者がみつけられることもあるようです。
ですが、複数の不動産会社と何度も連絡し合うことになりますから、それらが手間でうんざりする人もいるといいます。不動産物件の売却を行う際には、仲介業者との媒介契約が欠かせませんが、その一つとして、「専任媒介契約」というものがあります。

 

 

 

これを選んだら、該当物件の売却は専任媒介契約を交わした業者限定で仲介できるため、よその仲介で契約するのは違反になります。

 

でも、契約違反にならないケースもあって、契約を結んだ売手が独自に買手を探し出し、当人同士で交渉したとしても、この契約には違反しないのです。

 

 

 

専属専任媒介契約ではこのケースでも契約違反になりますから、さらに制約が厳しいといえます。

 

 

 

普通では気付けないような欠陥を買い手側が購入後に発見した場合は、その修繕を売り手側に要求できるという瑕疵担保責任があります。

 

売り手側が不動産会社の取り引きでは、適用期間は短くとも2年間(2年間以上)という規定があります。

 

けれども、いずれも個人の場合の取り引きでは期間を規定するものはありません。

 

それどころか一切の期間を設けないこともままあることです。

 

不動産売却に際しての立ち退きの時期は、基本的には任意に売却主が決められます。ですが、住居人がいない状態で売り出した方が売却価格が上がる傾向があります。

 

 

 

住居人がいる場合、内覧時から顧客に嫌われる要因になってしまいますので、できることなら引っ越しをあまり引き延ばさない方が有益な点が多くなると思います。

 

 

内覧が不動産物件売却時には、カギとなるのは間違いないでしょう。

 

売り手側が内覧で失敗しないためにできることは自分本位ではなく、買う方の気持ちになって物件の状態を確認することでしょう。

 

圧倒的多数の買手が求めている物件は、キレイで明るく広い物件というのはいうまでもないことでしょう。魅力のある物件だとわかってもらうために、大掃除以上の掃除をして、この際、必要な物だけを残すとか、お金をかけずにできることはしておくのがオススメです。原則、不動産売却時の入金は、とりあえずは手付金、問題がなければ中間金、最後に最終金を払うというパターンがよくある流れです。

 

 

 

時間的には、手付金の支払い後、一ヶ月ほど経ったら中間金を支払って、その後、三ヶ月ほどの間を開け、最終金の入金です。ただ、総額のうちの大部分は手付金から四ヶ月程後の最終金で支払われることになるのです。

 

 

最初に支払われる手付金は現金のこともあるものの、一般的には全て売手の指定口座に入金することの方が多いでしょう。

 

モデルハウスではなくオープンハウスとなっていれば、販売中の物件の中まで自由に見て回ることができます。住んでいる人がいるままの物件の売り出しではそのまま家具などが配置されているでしょうが、仮に自分が住んだ時のこともそれを見ると想像も広がるでしょう。

 

 

 

それに、物件の周囲もあちこち見て回ると、どんなお店が近くで利用できるかなど毎日の生活空間も情報が得られます。

 

 

任意売却は売ったとしても返さなくてはいけない住宅ローンが残る物件を売る時を意味していて、任売と略されます。任意売却を行った場合、重くのしかかっていた住宅ローンの残りの額が減り、余裕を持ちながらの返済ができるはずです。
ですが、相手との交渉には専門知識と交渉力がいるため、普通は弁護士とか司法書士に任せるものです。

 

不動産売却に関しては疑問が出てくることも多いでしょうから、エキスパートに相談してみるのが合理的ではないでしょうか。仲介に加えて、一部では不動産会社でコンサルティングをしてくれることもあるのです。所有者が見落としていた物件の価値を専門家の見地から見つけ出してくれたり、極力高い値段で売るためのノウハウを指南してくれるでしょう。
コンサルティングは無料で行ってもらえることもあるので、試してみるのもいいでしょう。仲介業者を選び間違えたために、不動産物件の売却に失敗したというケースが多いです。信頼できるところばかりならいいのですが、悪質な業者がいますから注意が必要です。

 

 

 

査定の価格が相場に合致していないものだったり、物件を売ろうという意欲がなかったり、やたらと宣伝を行った上で、経費という名目で多額の支払いを迫られたといったバリエーションに富んだ被害が起こっています。
良い仲介業者を選ぶためには、複数の仲介業者に査定依頼を行い、査定額、話した時の印象、説明などをよく吟味して選ぶようにしましょう。

 

通常なら、ローンの残債があったら、ゼロにしてからでないと、ローン中の不動産物件を売却するというのは無理があるでしょう。

 

 

完全に払い終わることができなくても、やむをえず売却しなければならないときには、可能な方法は任意売却です。多数の不動産物件を任意売却してきた会社なら安心して任せられますし、信頼できそうなところで詳細をきいて、可能であれば契約を結んで、素人には困難な債権者とのやりとりをしてもらうのが最善の方法です。
売却したい不動産の査定には、一括査定サービスサイトを使わない手はありません。なぜかと言うと、一社の査定のみに限定してしまうと、どのくらいが相場なのかを知らずに廉価で物件を売却することになりかねないためです。
ですから、一括査定サービスを活用して複数の業者の査定額を突き合わせて、この業者のサービス内容なら満足できるというところに依頼を持ちかけてみるのがベストの方法でしょう。

 

 

 

通常、不動産売却には不動産会社を使いますが、自分で売ることはできるものなのでしょうか。やろうと思えばやれることですが、売買の際の交渉や必要書類の作成、および事務手続き、買主探しなど、自分一人ですべて行うのは非常に大変です。
それに、不動産を売却する際には高い専門性が必要なため、ちょっとしたことで取り返しの付かない損失が生じることもあるでしょう。仲介手数料によって時間と労力を節約し、問題を回避するためだと割り切って、評判の良い不動産会社と契約するのが最善の方法だといえます。

 

不動産売却で融資利用の特約等が付されていて条件が不成立の場合に、契約によって生じる約定解除権を行使できることを白紙解除と呼んでいます。白紙解除の際はそれまでに買主から支払われた手付金を全額必ず買主に返還しなくてはいけません。一般的には受け取った通りの金額を返還することで足りるのですが、「返還は無利息で行う」という旨が契約書に明記されていないなら加えて利息も支払わなければならないことがあるので、留意する必要があるでしょう。住宅ローンを組んで新居を購入する場合、家屋が建築されてから融資スタートというのが一般的です。ということは、購入した注文住宅の建築が始まって終わるまでの間に工事の着工金などの費用が必要になれば、ローンを当てにせずに間に合わせなければならないのです。
それまで住んでいた物件の売却金を使える場合はOKですが、場合によってはまだ売り出している最中ということもありえるでしょう。そこで、短期間のみの融資に対応してくれるのがつなぎ融資です。
名前を見てもわかる通り、不動産物件は売るのが一苦労で、さて売却しようとなっても複数の出費があります。例えば主なものとして、仲介業者に仲介手数料を払わなければなりませんし、各種の不動産登記関連書類を作成してもらう司法書士への報酬、それに、譲渡税、売却する物件に住宅ローンが残っている場合は繰上げ返済費用などもかかるでしょう。
どこの仲介業者にするか決める際、精一杯、抑えた仲介手数料で依頼できれば、最終的な経費も幾分抑えられます。買取や個人売買以外では、不動産の売却をする場合には、仲介業者を選んで、媒介契約します。

 

 

三種類ある媒介契約の中で、専属専任媒介契約が一番制約に縛られることになるでしょう。
仲介業者と専属専任媒介契約を取り交わすと、他の不動産業者の仲介は一切受けられません。それに、この契約をしていたら、友達がその物件をいい条件で買ってくれるといった場合でも、勝手に本人達だけで契約というわけにはいかず、必ず契約済の業者に仲介してもらわなくてはいけません。
不動産売却時に必ずリフォームしなければならないとは限りません。
仮に何百万もつぎ込んでリフォームしたところで、リフォーム前より高く売れるようになるなんて断言はできないのです。

 

 

 

意図してリフォームを施すとすれば、目に見えて内覧者が持つ印象に関わりそうな部分を集中的に選ぶのが費用対効果を上げるコツです。

 

 

加えて、開放的で明るい室内を演出するため適宜掃除なども行うとそれほどリフォームに頼らなくても済みます。

 

 

不動産売却で受け渡しされる金額は安くはないですから、なかなかに経費も必要です。
不動産業者には仲介手数料を支払うでしょうが、それも売却額が高いほどそれに伴って高額になる上、利益が発生した売却の場合は譲渡所得税を負担しなければならないこともあります。

 

 

 

取引に使う書類の作成や印紙代といった出費もあるでしょう。

 

さらに、住居である物件の売却であれば、引っ越しの出費も想定しておかなければなりません。
所有している不動産物件を現金に換えられるというのが、不動産を売却する上での最大のメリットです。また、売却する物件にかけた災害のための保険料、融資に対する保証料などは、残りの期間の金額が返ってくるでしょう。
とはいえ、このお金は売却が完了した時になんの手続きもなしには返してもらえず、自分で手続きをします。売却が決定したら、必ず、契約会社に連絡してください。不動産売却のときはその物件の権利書が必要になります。そもそも権利書の持つ役割とは、その土地が登記されていることを証明することであり、正確な名称は登記済証というものになります。
仮に紛失してしまったり、何も読めないような状態になったとしても、再び作ることはできないでしょう。
しかし、土地家屋調査士の方や弁護士の方、さらには、司法書士の先生なんかを代理人とすれば、本人確認情報提供によって対応することができます。
サラリーマンはあまり経験がないかもしれません、確定申告は不動産物件を売却した場合には、欠かせません。

 

実際、それまで所有していた物件を売って利益が得られたら、普段はしていなかったとしても、その年は確定申告をして、譲渡所得税を支払わなくてはならないのです。一方、売却によって損失が出た時にも少し手間でも確定申告しておくことで、支払う税金額が減る事例もあるのです。脱税のリスクを回避し、節税のメリットを得るためにも不動産を売却したのなら、きちんと確定申告を行うと後悔しないでしょう。これまで持っていた不動産物件の売却をしようとする際、買い手側が境界確認書をお願いしてくるかもしれません。そのような際には、その土地の権利者が立ち会って土地家屋調査士が「土地境界確定測量」を行って、必要な書類を作るのです。

 

どうしてこれが必要なのかというと、境界線がしっかりとわからないような時、土地のしっかりとした境界線を確定させて価格を決めること、そして、将来、接している土地の権利者と境界線のことで問題になるのを防ぐためです。
不動産の売却に際し、なるべく良い不動産屋を選ぶために最重要なことと言えば、その不動産屋が得意な分野に売りたい物件が当てはまるかどうかです。
不動産屋次第で、マンションや一戸建てなど強みを持っている分野が異なるので、自分が所有している物件に適合する不動産屋を選ぶことが肝心です。

 

加えて、その不動産屋が全日本不動産協会といった団体に加わっているか否かも、信用できる業者なのかどうかの基準として見ることができます。

 

 

 

厄介事に見舞われることがなかったら、不動産売却に伴って想定しうる不都合は、徴収される税金についてのことくらいだと言われています。

 

 

 

しかし、注意しなくてはならないのは住み替えをするケースで、面倒なことなるかもしれないリスクを背負うことになるかもしれません。

 

売りに出した不動産物件からの売却代金が得られるものとの目論見で、新居を購入した場合において、いくら待っても購入を申し出る人が出てこずに新居の資金源にするはずだったお金が入手できないといった事態となることも想定されます。
早期に不動産物件を売ってしまいたいと考えている際に、一番確かだといえる方法になるのが仲介ではなく買取で契約を結ぶというものです。

 

 

売りに出す、買い手をみつける、交渉する、契約するといった手間と時間をかけずにすむので、全く時間をかけずに不動産売買が完了するでしょう。
ですが、残念ながら買取価格というものは買手を探す時と比べるとどうしても安いというマイナスの要素も含んでいるので、物件の売却価格より早さが大事だと考えている方に向いた方法でしょう。近年、導入されたマイナンバーの提示を要求されることが不動産物件を売却する時にあるでしょう。いつもというわけではなく、物件を売る人が個人で、なおかつ、買う側は個人ではなく、法人であるといった条件が当てはまる時です。その場合だとしても売却の金額が100万円以下の場合、提示はしなくても良いです。
そもそもなぜマイナンバーの提示が必要かというと、法人である買主が売買に際して税務署に提出する書類に記載しなくてはならないので、売り主側がマイナンバーを提示しなければなりません。なかなか不動産物件の買手がつかないという時には次のことを考慮してみてください。

 

 

 

ありがちなのは、物件の掃除がいいかげんだったり、電球が切れていたりといったケースです。物件の手入れがされていることを確認してみてください。あとは、契約中の仲介業者が買い手をみつけるための努力を怠っていないかも確認しておいた方がいいでしょう。
最後の段階として、今の売価と周辺相場の兼ね合いについて再チェックしましょう。
問い合わせすらもなかったら、残念ですが価格を下げたり、割安にはなってしまいますが、買い取ってもらうことも考えた方がいいかもしれません。一般に、不動産の売却が成立したら、名義を変更しますが、その際は、これまでの物件の所有者だった売主側は登記済権利証は当然として、印鑑証明書(3か月以内の取得)が必要となります。買主が決済したら、すぐその日のうちに名義変更も法務局で行わなくてはいけません。
不動産物件の名義変更手続きの際は、先ほどの書類の取得費の他にも、登録免許税、さらに、登記事項証明書代を支払わなくてはならないのです。固定資産税の1000分の4と定められているので、登録免許税の金額は予め計算しておけるはずです。売却を検討している不動産物件が共同名義の場合は、売却の段階で委任状が必要です。このような例では、取り引きを代表して行う人に、他の名義人全員がその人に取り引きを託す考えを明示した委任状を渡さなくてはいけません。

 

 

期間の定めなく有効な委任状となるため、ひとたび受領したものは契約成立までの間ずっと有効です。

 

売価が3000万円より安く不動産物件を売った場合だと所得税、及び、住民税の対象外となる嬉しい特例があるのです。その理由は、物件を販売した価格のうち、3000万円までなら特別控除を適用してもらえるからです。さらに、不動産物件の買い換えを行い、売却価格が安すぎて売却損が出たら、全ての所得を合わせての損益通算の適用を受けられるので、損失を少しは取り戻せるかもしれません。しかし、残念なことに条件に当てはまる必要があり、売却した物件を5年超えで所有しており、さらに、住宅ローンが10年を超えるような物件を新規購入したということです。
慌てる乞食は貰いが少ないというのは世の常ですが、殊更不動産売却の場合は高額な取引になるため、慎重に慎重に検討していかなければなりません。
まず用心しなければならないことに、全ての不動産会社が良心的とは限らないという点があります。

 

 

 

仲介契約を締結しているはずが売ろうという姿勢が見えなかったり、非常識な安値で買いたたくような場合もあるため、心に留めた上で選ぶことです。些細な点でも信頼を損なう点が見えたら、他を探した方がいいでしょう。

 

競馬や競艇での払戻金とか生命保険においての一時金、損害保険の満期返戻金などの例がある、継続的に入ってくる収入とは別の臨時的に得たお金は所得の種別で言うと一時所得になります。不動産を売却して入ってきたお金も臨時的なものですが、別の譲渡所得という所得区分に該当します。所得税額の算出でも一時所得とは別枠で計算します。

 

特殊なパターンもよくあるため、必ず確定申告を行いましょう。

 

 

 

家などの不動産物件を売りたい方は、売却にあたって印鑑証明と実印を用意しておきましょう。

 

 

 

なぜかと言うと、所有権移転登記という手続きを法務局で行う時に必要なので、買う人は印鑑証明も実印も不要です。

 

 

 

しかし、ローンを組むなら例外です。現金で払わないなら、ローン会社との契約に印鑑証明、及び、実印が必須となります。

 

 

 

それから、連帯保証人を必須とするならその連帯保証人の印鑑証明と実印もないといけません。

 

 

さて、不動産売買で作成する契約書は課税文書に当たりますので、印紙代を負担しなければなりません。
不動産がいくらで売れたかで印紙代の段階は異なるので、高い場合は数十万円にもなります。

 

 

しかも、契約書が売主側と買主側でそれぞれ作成された場合は、それぞれの契約書に印紙税が課税されてしまいます。とは言え、この時は先ほどの基準とは別の段階別税額が定められていますから、チェックしておきましょう。不動産物件を売ろうと思ったら、売値を決めてしまう前に、一括査定を使い、複数の不動産会社に物件の査定をしてもらうことが欠かせません。査定額を比較することで相場がわかってきますから、適切な価格をつけるようにしてください。

 

 

それに、仲介業者の中には、コンサルティング業務も行えるスタッフが在籍していることもありますし、物は試しで無料相談に行ってアドバイスをしてもらって、もし、所有物件が最高額で売れたらどのくらいになるのか考えるのも売却の際の役に立つはずです。
不動産売却時も税金が課されますが、一番注意する必要があるのは譲渡所得税と住民税でしょう。
物件の売却から利益が生じた場合にこれらは賦課される税金です。
ただし、居住用の物件を売却した場合は、特別控除額が3000万円あります。なお、所有期間に応じてこれらの税金は課税方法が変わるため、売却を進めるときは十分確認しておきましょう。

 

周りの不動産物件の相場を把握した上で不動産売却に臨むというのは必須条件でしょう。例えば実際の不動産価値から程遠い査定をされたとしても相場を知らなければ何の疑念も持たず、多大な損失を生む恐れがあるからです。それだけでなく、比較対象となる物件の相場を知っているか否かは交渉の時にも重宝するはずです。
最大限、積極的に情報集めに励みましょう。めでたく不動産の買い手が見つかり、契約が成立したのにも関らず、やっぱり売りたくない、他の人に売りたいというように心境や事情が変わって売却の話をなかったことにしたいなら、契約を破棄することもできます。けれども、契約上に規定した違約金を支払わなければならなかったり、あらかじめ受け取った手付金を返還する際も倍返しにしなくてはいけないため、慎重に契約を決める必要があるでしょう。

 

不動産を少しでも高い価格で売りたいという人は、複数の不動産業者から査定額を聞くことです。
それぞれの業者で査定額の差が大きいこともままあることです。

 

加えて、おすすめなのが専任媒介契約です。

 

 

専任媒介と比べ一般媒介だと広告費が少なくなってしまうので、ある程度買い手がつくのに時間がかかることが多いです。しかも、専任媒介の場合だと定期的に依頼主に状況を報告することが義務づけられています。新居を購入して住み替えるためにそれまでの住居物件を売却したいという場合はとてもよくあります。

 

 

 

こうした場合の順序は、売却が先、購入が後というのが正しいリスクマネジメントです。

 

 

 

売約が契約上は成立していると言ったところで、自分の手元に代金が届くまでは予断を許しません。

 

支払いが必要な時にお金が手元にないということを防止するためにも、売却できることを想定の上の購入はすべきではないでしょう。
不動産の売却を視野に入れ始めた際、築年数について心配する人もいると思います。確かに、売却価格は築年数に左右されます。

 

 

 

築10年の戸建てであれば、査定で建物につけられる価格は大体ゼロとなり、一般的に土地の価格だけになります。

 

なお、マンションの売却でも望ましいのは築年数が浅いものというのは共通なので、戸建てと同様に考えられ、ひとつの基準として築10年が挙げられます。不動産売却で利益を得た人は、譲渡所得税の課税対象となることがあります。売った不動産の所有期間が5年より長い場合の譲渡所得税は、所得税が15%、住民税が5%という税率で賦課されます。5年以下という短期の所有期間ならばその2倍の課税率です。

 

 

 

納付のタイミングは、所得税が売却をした翌年の2月16日から3月15日までの間に一括納付、住民税の納付は4期に分けて行うことになっています。